自分でできるデータ復旧

個人でデータを復旧したいと考える状況といえば、SDカードの写真を消してしまったときや、お気に入りのファイルをパソコンで消してしまったときなど、お金をかけてまで復旧するかというと微妙な状況の場合があるかと思います。
どうしても復旧しなければならない場合や、仕事でのミスで消してしまった場合などは、データ復旧の業者にお願いしたほうが確実かと思いますが、お金をかけるほどでもないけど、復旧したいデータがある場合は、自分でやり方を覚えておけば便利です。
まずは、パソコンが壊れて、データが見られなくなってしまった場合。
パソコンが壊れる原因はいろいろありますが、実際に壊れてしまったパソコンでも、データを保管しているハードディスクなどのドライブは壊れていない場合も多いです。
そんなときは、そのハードディスクなどのドライブを壊れたパソコンからはずして、別なパソコンにつないで見ると、データがそのまま残っている場合があります。
壊れたほうのパソコンから取り出すのは簡単でも、新しいパソコンにつなぐのはいやだという方は、内蔵型のハードディスクを外付けのハードディスクとして使うことができる機器が数千円で販売されているので、外付けのハードディスクを買うつもりで購入してみてもいいかと思います。
ハードディスクが壊れていない場合は、以前のファイルがすべて残っているので、パソコンが壊れたときは、ハードディスクははずして中を見てみましょう。
そのまま引き取ってもらったりすると、中のデータがすべて別な人に見られてしまう場合もありますので注意してください。
次は、誤ってハードディスクやSDカードのデータを消してしまった場合ですが、これは、専用のソフトウェアを使って復元します。
復元ソフトは高機能なものが有料で販売されていますが、簡単に復旧したい場合は、フリーソフトでよろしいかと思います。
一般にハードディスクのデータを全部消去することをフォーマットといいますが、フォーマットを1回しただけでは、中のデータはほとんど復旧できるといわれています。
ノートと鉛筆でいうと、鉛筆で書いた文字を消しゴムで消しても、筆圧でへこんだ文字は、鉛筆で軽くなぞると浮かび上がってきますね。
そのようなイメージを持つとわかりやすいと思います。
復旧の仕方は、 データ復旧 フリーソフト などと検索すると、出てきますので、より詳しい情報をご覧いただくことをお勧めします。
あくまで、個人で復元できる情報は限られていますので、どうしても復旧しなければならない情報がある場合は、プロに頼むのが一番だと思います。
消えてしまった前のケータイの写真とか、あきらめていたものが、復旧すると出てくる場合があります。
フリーソフトで試すのは無料ですので、あきらめていた方は試してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*